住宅ローンの諸費用が発生するタイミングとは?

マイホーム購入時の諸費用については、物件価格の約7%が必要となる計算になります。
そこで中古マンションを購入する場合を例に挙げて、どのタイミングで諸費用が発生するかを見ていきましょう。
まず諸費用は大きく分けると以下の4点で支払う事になります。
それぞれ契約時・引渡時・融資開始時・マイホーム取得後です。
仮に物件価格が4,000万円だとすると、その7%である280万円が諸費用としてかかってきます。
後はこの280万円を四等分した70万円が、上で述べた各ポイントで必要となると考えておくと、いざその際になってもお金について慌てる事はないでしょう。
ただしマイホームを買う事は決して簡単な事ではないので、だからこそ住宅ローンを上手く活用し、諸費用もしっかり払えるように備える事が大切となります。
三菱東京UFJ住宅ローンタイプ別金利!優遇処置比較!【どれだけ得?】