個人年金と保険どっち?

前回の続きですが、比較検討する時は、ポイントをどこに置くのかと言うことです。
これをはっきりさせて調べることですね。
それが良いでしょう。
国民年金基金の制度と違い、個人年金の商品はたくさんあります。
ですから、どのようなポイントをチェックして比較すれば良いのかと言うこです。
まず、保険料の支払方法についてです。
これは、どのようになっているのか!?。
そして、年金の受取期間は、どう違うのか!?また、年金の受取方法はどのようになっているのか!?年金額があらかじめ決まっているのか!?これらについて比べておくことですね。
それが良いでしょう。
<保険料の支払方法について>分割払い、一括払い、があります。
このどちらかになります。
分割払いか、一括払いか!?これは自由に選択できる商品もあります。
また、一括払いだけの商品もあります。
<投資信託、外貨建てなどで資金を運用する個人年金について>これは、一括払いが多いですね。
分割払いが出来ても、支払時期を年払い、半年払い、または月払いから選択することができたり、前納が出来たりします。
(笑顔)まとめて支払うことで、割引になることも多いですよね。
※会社扱いで給与から天引きできる商品もあります。
<年金の受け取り期間について><個人向けの年金商品について>(笑顔)老後に備えて、公的な国民年金基金で更に備えます。
それか、金融機関などの年金商品で備えるのかと言うことですが、基礎年金で足らない分は自分でなんとかしなければならないと言うことですね。
(苦笑)。
健康保険料いくら払ってる